• トップ /
  • 美容目的のインプラント

インプラントで噛み合わせを治す

美容目的のインプラント

インプラントの噛み合わせ

インプラントは、歯がなくなってしまった部位に対して行う治療です。入れ歯も歯がない部分に行う治療ですが、粘膜の上にのせているだけなので、外れやすく、噛みにくいという面があります。部分入れ歯は、歯に金属のバネをかけるので、見た目が悪いというデメリットもあります。そこで、インプラントを美容目的に行う人が増えています。金属のバネなどは一切なく、本物の歯のように使うことができるので、審美性が高いという特徴が美容目的に最適です。透明感のある白さを持つセラミックの人工歯を使うので、自分の歯との区別がつかないほどです。インプラントを美容として使う人が増えていますが、噛み合わせには注意しなければいけません。セラミックの歯を並べるだけで、元の歯並びよりもきれいにすることもできますが、その時に噛み合わせが狂ってしまうことがあるからです。噛み合わせをきちんと検査して、上の歯と下の歯がきちんと噛むようにすることで、食事はもちろん、発音にもいい影響が出るようになります。せっかくインプラント治療をするのであれば、美容効果と噛み合わせを両立した治療をしましょう。口元にもハリが出て、若々しい印象にする効果も得られます。

インプラントの基本情報

↑PAGE TOP