トップ / ミネラルファンデの優しい塗り方

ミネラルファンデで負担軽減

ミネラルファンデの優しい塗り方

ミネラルファンデを塗り方

基本的に成分は肌に優しいミネラルファンデーションですが、中にはミネラルファンデーションを使って肌荒れをしたという人がいないわけではありません。ただミネラルファンデーションを使って肌荒れを使った人の口コミや体験を聞いていると、ミネラルファンデーションの成分が肌に悪かったというより、ミネラルファンデーションの「塗り方」が悪かったのは?という人が多いのも事実。

ミネラルファンデーションは付属のブラシを使うことが多いのですが、このブラシに関しては慣れるまで使い方がちょっと難しい場合もあります。例えばブラシを使ってゴシゴシこするようにファンデーションを塗ると、肌に負担がかかるのは火を見るよりも明らかです。また大体のミネラルファンデーションは付属のブラシかもしくは同じメーカーが出している専用のブラシを使うのが前提なのですが、ブラシについては「自分で持っているから」とか「100円ショップで買えるから」と言うことで、専用のブラシより硬いブラシを使ってファンデーションを塗る人も。

毛の硬いブラシと言うのは、それだけで肌に負担をかけやすいので、正しい塗り方をしても肌に負担がかかります。できれば繰り返しお伝えしているように、専用のブラシや付属のブラシを使ってファンデーションを塗るようにしてください。また使っているブラシは定期的に洗って清潔にするのも肌の負担を下げる大切なポイントです。

しかし肌質によっては、正しい塗り方をしていても肌に負担がかかりやすい人もいます。そうした敏感肌の人やブラシが肌に合わない人は、パフを使ってミネラルファンデーションを塗る塗り方もあります。パフは一般的なスポンジではなく、毛並みのあるものを優しく使って肌への負担を減らしてくださいね。